はむはむログ

たのしい、かつ、たのもしい日記

日々の反省点 のはなし

普通の日記です。

ノートに「こういう風になる」「こうなりたい」という風に、色んなことについて目標を書いたり、失敗したら反省点をまとめて書いたりしているのですが。

「こうなりたい」ということを書いている時、自分が現在そうではないんだなと、目標や理想からかけ離れているということに気付いて、自己嫌悪になったりします。私はいつまで、違う自分を追い続けているのだろう、とか。

ある時まで、「コントロールすること」についてとても意識して生活していました。毎日、自分の中で決められたことをきっちりとやっていくことを、淡々と自分に課して、こなした場合には満足するような生活です。自分がだらしないとどこかで思っていたので、だらしなくない自分になろうとしていたのかもしれません。

その経験からすると、強く自律・自制しているくせのある人は、きっとコントロールできないことに対して、とても混乱するのではないかと思います。その中の一つの例ですが、一時期、食生活を厳密に管理していて、自分自身をきっちりコントロールすることが楽しいと思っていました。あるがままの欲求をコントロールできることが、それまでの自分にはできなかったことでもありました。不思議なことに、今は胃が悪いために消化能力が追いつかなくなって、食後すぐ寝るような生活をしない限り、「体重を減らしたいのに減らない」というようなことはなくなりました。二の腕はやたらと太くなる一方ですが。

強い自制を心掛けていた頃、必ず現れる問題というのが「コントロールできないものに対してどうするのか」ということでした。それは、運の関わるものであったり、他人や外部の意思の関わるものであったりします。私自身は、予期した通りに物事が進んで欲しいと考えていたので、突発的なことが起こると、全てがダメになったとか、極端な発想になって、どうしていいか分からなくなりしました。思考の癖というものは、一番変えにくい部分だと、本で読んだことがあります。行動は習慣づけで三週間程度で変えられますが、思考の習慣は信念体系をそっくりそのまま変えなければならないから、なかなかしぶとい。ですから、対処方法に悩んでいる時は、同じ失敗を繰り返して、大きなフラストレーションと壁を感じました。

そのうちの一つは、植物と生き物の生死でした。万事を尽くしてもこればかりは何ともならない。何回か生命の灯火の消えゆくのを見やって、ようやく人知を超えた領域というものの感覚を得ることができました。それは、私が何かに委ねるということを学んだ、大きな経験だったように思います。そして、いつか人間は必ず死ぬと思った時、まずは自分が毎日食べる食事も感謝しながら食べようと決めました。というか、いつか食事をすることもままならなくなると分かった時、そう思わざるを得なくなりました。普通の人には食べ物への感謝は当たり前のことかもしれませんが、飽食の時代に食事に感謝することができない、味の良し悪しに文句ばかり付けているような、なんとも不遜な生き方を続けていたのです。

他人の意思についても、相手に委ねることにしました。どうしても誰かの気持ちが欲しいとか、そういうことはあります。どれだけ神様に祈っても、届かない気持ちや振り向いてもらえないことはあります。誰かの為に何かをすることが無駄な努力かどうかはさておき、どうしようもならないことがある、ということを改めて感じます。人間が自律と自制を学んだ後は、それを一度手放すことと委ねることを学ぶ時期に差し掛かるのではないかと、ふと思いました。委ねることとは、自分の考える安全からはみ出すことでもあり、精神力を試されることでもあるなぁと、色々なことについて思ったりします。

理不尽への耐性 のはなし

普通の日記です。

良く思うのですが、人間生きていれば折り合いのつかない人が必ずいるはずで、許せない・どうしても怒りが拭えない人が1人くらいはいます。

私自身は万人に好かれるような人間ではなく、多少人の怒りを買ったりすることがあるのですが、最近、「許せない人は許さなくていい」と思ったりします。許そうとするから許せなくなるのであり、許さなくていいと思ったら、どこかで閉じられていた心の鍵が開くのです。

それよりも、自分が何に対して怒りを覚え、どうしたいのかをじっくりと考えるべきで、それが非現実的な方法や方向だったら、今ある現実を受け止めるしかないと思います。現実的かつ建設的な方法があるのなら、それを選べばいいのです。

確かに、理不尽なことや悔しさを感じることはあって、ひどいなぁと思うことが沢山あります。ただ、色々な人の話を聞いていると、多くの人がそれぞれに理不尽な体験をしてきて、それを口にはしないだけなのです。だからこそ、そういう人たちの普段の笑顔というものが、何によって支えられているのかということを感じたりするのですが。

以後、無闇にため息や悩みを話すのはやめようと思ったのですが、今日はうっかり、ため息をついてしまいました。気を付けようと思います。

私だって色んなこと我慢しているのに、どうしてあんなことを言われなければならないんだろう…。

きんせんにふれる のはなし

普通の日記です。

昔からそうだと思うのですが、怖い思いをした時に、なんか「大丈夫だった?」って言われると、張り詰めた糸が切れてしまうというか、内心泣きそうになってしまうのでした…。勿論、怖い思いって、個人的に怖かっただけで、他の人は怖くないことなんでしょうが…。

自分が必死な時にかけてもらった言葉とか、労いとか、守られている感覚とか、そういうのはとても深く心に突き刺さって、ずっと覚えていると思います。人生いつまでも勉強です、あと感謝です…。

楽になりたいわけではない のはなし

普通の日記です。

今日は夕方に家族のことや亡くなったペットについて考えることがあって、何度か涙がこみ上げてしまいました。

ペットロスなんて言葉がありますが、そんなつるっとした語感とは裏腹に、ペットを喪う悲しみは深いものなのだと、初めて痛感しました。他人のペットの死を思い出しても、その追体験というか、自分の体験と重なって、どうしても目頭が熱くなってしまいます。人間よりもペットとの付き合いが長くなっている場合、なおさら悲しみはすぐに離れてくれるものではないと思います。

「自分の愛するものについて考える」ということは、悲しみだけでなく、大きな力ももたらしてくれるのかもしれません。

夕暮れ時に一人で帰路を歩いていると、一日の嫌なことや悔しいことを思い出すことがあります。全く損な性格だと思うのですが、楽しい出来事よりも嫌だった出来事の方が先に思い出されてしまうのです。

そういう時、いつも自分が大切にする家族のことや尊敬する人、好きな人のことを思い出します。そうすると、不思議と明日も頑張ろうという気持ちになれるからです。時々、こんな夕方には思いが高ぶってしまい、涙が出そうになるのです。

私は決して不幸に生きているわけではなく、暖かく過ごせて栄養のあるご飯が食べられていて、支えてくれる人々もいるわけで、本当は何も憂えることはないはずなのですが、毎日の細かなことに気を取られてしまうことがあります。生きているという現実に比べれば、全てはくだらないことなのかもしれません。なぜ悩んでいるのでしょうか。何のために頑張るのでしょうか。悩まないことは、結果的に怠惰にならないのでしょうか。そんな風に、よく分からなくなることがあります。一つだけ言えるのは、悩むことを放棄すれば楽になるかもしれませんが、自分は自分の問題と向き合わなければならないと思うがゆえに、悩むことを手放せないのかもしれません。答えは風の中にある?難しいな…。

10年後には、 今悩む色々なことについて悩まずに生きているように、とりあえず頑張ろうと思います。

かゆい のはなし

普通の日記です。

ちょっとこのところ眠たくて仕方がなくて、昨日も21時くらいには寝てしまったのですが、地震で起きました。メイクしたままだったので、顔を洗ってスキンケアをすると、ものすごい痒みがおでこに。ナチュラルコスメのサンプルのクリームを使っただけなのですが、蕁麻疹とかアレルギー系の痒みって、なったことのある人にしか分からないものかもなぁと、最近は思います。

私もちょっと年齢的なもので症状が出始めたのかなと思うわけで、昔から赤み・痒みのでる方ではありませんでした。今は、体質合わないお化粧品と刺激のある食べ物を食べると、「ウワッ」と火がついたように痒くなり、赤みが出ます。痒くなる部分は決まってはいないのですが、虫刺されなどの局所的に痒い感じと異なり、広域に渡って火が付いて燃えるような感じだったり、とにかく急に「ウワー」っと痒くてかかずにはいられない感じになります。本当は、アトピーアトピー体質の人は掻いてはいけないんだけど、たまにステロイド入りの塗り薬を使うとぱったりと治まるので、物は使いようというか、薬が薬であるゆえんを噛み締めたりします。(もちろん、常用しません)。「体質的に痒い」っていうのは、お化粧も食べ物も気を付けなければならないので、なかなか神経の使うことだったりします。。もちろん、内臓疾患だとか、重病の人に比べたら軽度もいいところなのですが、まぁ顔に症状が出ると女性としては悲しいと言うか、地味に悩んでいます。

時機をみる のはなし

普通の日記です。

今日は人に助けられました。

私は「チャンス」とか「機会」についてとても疎い方なのですが、差し伸べられた手はきっと、チャンスと呼ばれるものなのだと思いました。そして、それは神様とか運命とか、よく分からん存在(そういうものがあってもなくてもいいですが、分かりやすくするため、そのようなものだと定義しておきます)が自分のために用意してくれた課題であり、贈り物なのだと。

人が初心を忘れる時は、この気持ちを失ってしまうことかもしれません。

相手の気持ちや立場を必要以上に慮るのではなく、ただ与えられたチャンスが厚意なのであることを、きちんと覚えておこうと思います。

それから、人生にはこのように、自分のために思ってくれたり、何か心遣いをしてくれたり、温かな言葉をかけてくれたりする人がいます。私は今までの人生で、様々な理由でいくつかの前向きな気持ちを断ってしまいましたが、これからは向こうから働きかけてくれた気持ちを、柔軟に受け入れようと思いました。

人間が年とともに失うものは何かと言うと、柔軟性です。経験が作り出した勘だとか、こうであるべき・こうなるはずだという固定観念とか、そういうものは人の成長を妨げるものです。自分の意固地な考えや気持ちにこだわると、大切なタイミングを逃します。その時の私に差し出されたプレゼントが、後に最善の選択肢となり得るのだと思うのです。